吹田のビジネスを応援する「すいた経営革新支援センター(サビック)」

10月11日、旭通商店街に、開業70年の老舗理髪店がリニューアルオープンされました。

2018年10月12日

 吹田市栄通りで70年続いた理髪店「ヘアサロン ハマグチ」が旭通商店街に移転して「BAR BER SHOP HAMAGUCHI」として、リニューアルオープンされました。
 これまでのお店は建物の老朽化が著しく、地震や台風のたびごとに不安がありました。新しいお店は、スーパーサタケから約30m東で、旭通商店街の中央に位置しています。

 これまで長年通ってくださったお客様、開店以来70年という歴史の重み、5人のご家族、そして事業計画作りや資金調達など、移転を決断されるまでには、大きなプレッシャーと多くの課題がありました。これまでお世話になったお客様にこれからも理容サービスを続けてご利用いただきたい。父から受け継いだこの仕事を子供たちの為にも途中で投げ出すわけにはいかない。という強い思いで、課題を一つひとつ乗り越えて来られました。

 新しいお店には、理容のイスが一つしかありません。これまで培ってこられた技術をもとに、お一人おひとりに丁寧で質の高いサービスの提供を目指されるとのことです。

 サビックには、今年の1月末から相談に来られ、事業計画作成、資金調達、マーケティング力強化、マッチング等の支援をさせていただきました。

事業所名:BAR BER SHOP HAMAGUCHI
店主:濱口 祐樹
店舗:吹田市朝日町18-15
TEL:06-6383-3858
店頭にて
待合スペース
カウンター
理髪スペース
濱口さん







  続きを読む


Posted by 佐藤 雅一 at 11:45

毎年、世界で約1万人の子供たちが、デング熱で亡くなるということをご存知でしょうか。

2018年09月27日

 毎年、世界で約1万人の子供たちが、デング熱で亡くなるということをご存知でしょうか。東南アジアでは、風邪と症状が似ているため、数日間、放置している間に重篤化して死に至るケースが後を絶ちません。精度が高く、安価な検査方法が早急に求められています。

 遺伝子解析技術を応用して、15分以内に同ウイルスの重篤性や薬剤耐性まで、安価に把握できるという画期的な技術の研究を進めている企業が吹田にあります。今年の4月に創業された、阪大発ベンチャーの㈱ビズジーンです。2007年以来、デング熱をはじめ、インフルエンザウイルスの診断キット等の研究が、多くの研究助成を受け、また、マスコミにも何度も取り上げられています。

 「私達は、あらゆる遺伝子の情報を目的に応じて可視化し、リスクやベネフィットを知ることで、人々の生活をよりよく変えるための技術とサービスを提供する。」という理念のもとに、事業化への第1歩を踏み出されました。

 適切な事業収益が得られ、安定した事業運営が進められるまでには、数年間を要するとのことですが、吹田から、世界に大きく貢献する企業の立ち上げを是非、応援したいと思います。

 サビックには、今年の3月中旬に来られ、以後、事業計画作成、資金調達、補助金申請等の支援をさせていただきました。

事業所名:㈱ビズジーン          
代表者:開發 邦宏氏(代表取締役)
事務所所在地:茨木市美穂ケ丘8-1  
大阪大学 産業科学研究所オープンイノベーション棟
本社所在地:吹田市千里山西

経営理念
代表取締役 開發 邦宏氏



  続きを読む


Posted by 佐藤 雅一 at 15:58

9月1日、日の出町に、訪問看護ステーションが誕生しました。

2018年09月14日

 9月1日、日の出町に、訪問看護ステーションが誕生しました。
 看護師、臨床工学士、理学療法士らの病院仲間が、「地域医療に貢献したい!」という熱い思いを持って立ち上げられました。
社名は、合同会社いちり。一里は約4キロメートルですが、事業所から一里以内に住まれる患者さんに、しっかりと寄り添える看護をしたいという意味とのことです。
 吹田市内には、急性期病院が多く存在しています。病院では、“患者を治す”ことに重点が置かれ、次々と来院される重篤な患者さんへの対応が喫緊の課題となります。一方、高齢化が進み、病院のベッド数が足りなくなっており、在宅での看護・介護の重要性が益々高くなってきています。また、医療の高度化により、在宅での人工呼吸器や輸血ポンプの設置が可能となっていますが、その扱い方の指導やトラブルへの対処が大きな課題となっています。
 「地域の患者さんやその家族が安心して療養生活を送れるようにする。」ことを目指して、これから、積極的に事業活動を進めて行かれるそうです。
 サビックへは、3月末から相談に来られ、事業計画作成、資金調達、マッチング等の支援をさせていただきました。

事業所名:(同)いちり 「えのき訪問看護ステーション」
本社所在地:吹田市日の出町9-3 藤本ビル3階B室 
(スーパー「サンディ吹田日の出店」のビルの3階)
TEL:(06)6317-1881
スタッフの皆さん(右端が代表の時任さん)
  続きを読む


Posted by 佐藤 雅一 at 11:02

創業塾のお知らせ(吹田商工会議所)

2018年08月10日

吹田商工会議所の創業塾 開講のお知らせ

「ワクワクするような事業をはじめてみませんか。」
「これまでに学ばれたスキルや経験をもとに、起業を目指しませんか。」
「リスクについてはしっかりと準備をして、自由な時間を手に入れませんか。」

 創業塾でそのお手伝いをさせていただきます。

■内容  創業を成功させる心構え・マーケティングと営業手法・販売促進手法・税務会計の知識・事業計画策定
■対象となる方  創業に興味のある方、起業準備中の方、創業まもない方
■開催日  平成30年9月1日(土)、8日(土)、15日(土)、22日(土)、29日(土) (5日間。各日とも午前9時30分から午後4時30分まで)
■受講料  5,000円(初日にお支払いいただきます)
■定員  40名(定員になり次第、締切)
■申込締切  平成30年8月27日(月)
■詳細 http://suitacci.com/?p=4352 よりカリキュラムをご確認ください。
■お申込  https://www.kinki.cci.or.jp/kentei/apply.php?seq=11865 の申込フォームからお申し込みください。
■お問合せ 吹田商工会議所 すいた経営革新支援センター 佐藤まで。 住所:吹田市泉町2丁目17-4  TEL:06-6330-5588

起業するぞ!


  続きを読む


Posted by 佐藤 雅一 at 16:39

吹田に日本一の味ききのワインソムリエがいる酒屋あり

2018年08月09日

 7月29日、東京ベイ有明ワシントンホテルで開催されたドイツワイン ブラインド テイスティングコンテスト2018において、吹田の酒店 ㈱紀の国屋の大野社長さんが、見事優勝されました。全国から参加された、多くの応募者の中から、最もドイツワインの知識とテイスティングに秀でた人を選ぶコンテストで、今年が第1回目となります。 
 大野社長は、20代のころに、2年間、本場ドイツの農場でワイン造りの経験を積まれ、公認ドイツワインコンサルタントの資格を取得されました。その後、10年間は、酒店店主兼ワインソムリエとして、毎月、お店でワインセミナーを催されるなどして、研鑽を積んでこられました。

 昨年7月、サビックで開催した売上創造塾に参加され、同社の強みを分析する中で、「ワインを通じて『うれしい、美味しい、楽しい』をお届けする」という事業コンセプトが生まれました。今年の2月からは、近隣のレストランとコラボレーションして、お料理とワインの相性を吟味する、新たな“食”の楽しみ方の提案として、マリアージュワイン会(※)を約月1回ペースで開催されています。

事業所名:㈱紀の国屋
所在地:吹田市山手町1丁目7-30
ホームページ:https://www.rakuten.co.jp/wine-kinokuniya/info.html
問合せ: (06)6388-2105

※マリアージュワイン会の開催店舗一覧
 カプリコルノ(イタリアンピザ)・チャトパタ(インド料理)・CHEVAL江坂(フランス料理)・Volare(イタリアン) (開催順)
テイスティング中の大野社長
受賞された方々

おめでとうございます!
  続きを読む


Posted by 佐藤 雅一 at 10:35