吹田のビジネスを応援する「すいた経営革新支援センター(サビック)」

山田西に、仕出し屋「田中」が開店しました。

2020年09月10日

 5月1日(金)、山田西に、仕出し屋「田中」が開店しました。
 某日本料理店で、前菜場、煮方、脇煮など日本料理作りの一通りの修業を終えられ、オーナーやスタッフからの後押しを受けて、念願の開業となりました。飲食スペースは持たず、仕出しに特化した配達のみの飲食店です。

 “お店に来られた時と変わらない味でこだわりを丁寧に詰め込んだお弁当をお届けする”というコンセプトで、このコロナ禍の中を船出されました。
 最初は、独立される前に修業された日本料理店の仕出し部門としての仕事を中心としていますが、徐々に、一般のお客様のご注文を受けられるそうです。キッチンの厨房は、広く、たくさんの注文に対応できるように設計されていますので、これからの業務の拡大が期待されます。

 サビックには、平成30年7月から21回相談に来られ、事業計画作成、資金調達、マーケティング力強化、創業手続き等の支援を受けられました。

事業所名:仕出し屋「田中」
代表者:田中 宏昭
事業コンセプト:“お店に来られた時と変わらない味でこだわりを丁寧に詰め込んだお弁当をお届けする”
開業日:令和2年5月1日
所在地:吹田市山田西5丁目

代表の田中宏昭氏
厨房の一部
仕込み中



  


Posted by 佐藤 雅一 at 16:19

8月1日(土)、JR吹田駅前に音楽教室が開業しました!

2020年08月19日

 8月1日(土)、JR吹田駅前に音楽教室が開業しました。名前は、マルシェ音楽堂。オーナーは、畑中恵美子さん。30年以上、吹田市内でヤマハ音楽教室の講師をされていましたが、このたび一念発起して独立を果たされました。

 マルシェ音楽堂の「マルシェ」とは、フェンシングで基本姿勢から小さく一歩前に踏み出すときの掛声で、フランス語で「前進、進展」を意味するそうです。“自分にピッタリの音楽を探して選ぶ”ということでは、「市場」という意味も兼ねているそうです。今は、電子ピアノ、エレクトーンの教室が中心ですが、音楽イベントの企画や作曲、音楽を活用した教育指導も手がけたいとの夢もお持ちです。まさに、市場(マルシェ)のように、多くの方が活き活きと集われ、地域に愛される音楽堂として、長く続いていかれることを期待しています。

 サビックには、令和2年5月末から3回相談に来られ、数値計画作成、創業手続き等の支援を受けられました。

事業所名:マルシェ音楽堂
代表者:畑中 恵美子
事業コンセプト:“音楽で人生を幸せに”
メッセージ:既製の概念にとらわれず、もっと自由に音楽は楽しめます!あなたにピッタリの音楽を見つけましょう。「弾きたい」想いを全力サポートいたします。
開業日:令和2年8月1日
所在地:吹田市朝日町27-17 富士ビル403
TEL:080-6203-5197
LINE:https://lin.ee/dcyPe10

畑中 恵美子さん
打合せ・休憩場所
音楽堂のコーナーの様子

  続きを読む


Posted by 佐藤 雅一 at 08:58Comments(0)支援事例

吹田商工会議所の創業塾(令和2年度)開講のお知らせ

2020年07月10日

吹田商工会議所の創業塾(令和2年度)開講のお知らせ

「ワクワクするような事業をはじめてみませんか。」
「これまでに学ばれたスキルや経験をもとに、起業を目指しませんか。」
「リスクを見定め、しっかり創業の準備をしませんか。」

 創業塾でそのお手伝いをさせていただきます。

■内容  創業を成功させる心構え・マーケティングと営業手法・販売促進手法・税務会計の知識・事業計画策定
■対象となる方  創業に興味のある方、起業準備中の方、創業まもない方
■開催日 令和2年9月5日(土)、12日(土)、19日(土)、26日(土)、
10月3日(土)(5日間。各日とも午前9時30分から午後4時30分まで)
■場所 吹田商工会議所(吹田市泉町2丁目17-4)阪急吹田駅西出口から徒歩1分
■受講料  5,000円(全日程トータルの受講料です。初日にお支払いいただきます)
■定員  30名(定員になり次第、締切)
■申込締切  令和2年9月1日(火)
■詳細 https://suitacci.com/?p=7433 よりカリキュラムをご確認ください。
■コロナ感染症への対策 換気の励行や距離を確保するなど、密にならない体制で受講いただきます。フェイスシールドを配布して装着いただく場合があります。
■お申込 https://www.kansaicci.jp/kentei/apply.php?seq=13194
 の申込フォームからお申し込みください。
■お問合せ 吹田商工会議所 正野(ショウノ)まで。TEL 06-6330-8001
起業イメージ


  続きを読む


Posted by 佐藤 雅一 at 17:27

明日、吹田市山田北に、Markhor Cafe がオープンします。

2020年06月19日

 明日、6月20日(土)、吹田市山田北の新築マンションの1階に、Markhor Cafe(マーコールカフェ)がオープンします。

 オーナーは、大石橋亜紀さん。3年前から、お店の構想を温められ、このたび、念願のオープンにこぎつけられました。亜紀さんは、山田のご出身で、箕面や地元で8年以上、体操教室の先生をして来られました。教室での多くの親子とのかかわりを通して、「地域で子供たちが真っすぐにすくすく育ってほしい。そのために、地域で子供たちを温かく見守る場を作りたい。」との思いを強く持たれるようになりました。

 店名のマーコールとは、野生のヤギのこと。急峻な山の尾根に暮らす、たくましい野生のヤギがお店と地域をやさしく見守っています。

 サビックには、平成29年7月から相談に見えられ、同年、9月に開催された創業塾を受講されました。以後、20回相談に来られ、事業計画作成、資金調達、マーケティング力強化、マッチング等の支援を受けられました。

事業所名:Markhor Cafe(マーコールカフェ)
代表者:大石橋 亜紀
事業コンセプト:生き抜く力をチャージできる場所。
開業日:令和2年6月20日
所在地:吹田市山田北11-14 ヴィヴェンテ102
TEL:06-6876-5557
ホームページ:https://www.markhor-cafe.com/
店内窓側
店内カウンター
マーコールのシンボルロゴ
  続きを読む


Posted by 佐藤 雅一 at 10:23

緑地公園駅の近くで、酒販店「十徳日本酒販売所」が開店しました。

2020年06月16日

 4月7日、緑地公園駅の近くで、酒販店「十徳日本酒販売所」が開店しました。

 店主は、小島拓也さん。大学生の時に、日本酒の持つ素晴らしさに魅せられて、以来、日本酒のお店を開くことを将来の夢として、経験を積んでこられました。小島さんは、大阪の著名な日本酒専門卸に6年半勤められて、商品知識を蓄積されると共に、飲食店さんとのネットワークを築かれました。さらに、蔵元で2年間修業をされ、酒造りを一から学ばれて創業されました。

 十徳という店名は、「酒に十の徳あり」という江戸時代に使われた言葉が語源だそうです。ホームページには、以下のようにご自身の想いを書かれています。

 日本酒を愛しすぎた店主の日本酒専門の酒販処。
美味しい日本酒は実は身近にあるのに、まだ出会えていない方がたくさんいます。
そんな方が「日本酒ってこんなに美味しかったのか。」と気付けるようなお手伝いをいたします。
その一本はこれからのお酒ライフを変える運命の一本になります。
そしてお酒を好きになった方が飲んでいるとき、ふと見つかります。
「あ、このお酒ずっとこれからも飲んでいくことになるお酒だな」という人生の一本が。
「一杯」が美味しいよりも一本」が旨い、そんなお酒が普段の生活の傍らにあると、
ご飯の食卓、晩酌のひと時、寝る前の一杯に彩りが加わります。
自身がしてきたこの体験を皆様に共有してほしい。
 その一心でお酒をお届けいたします。

 サビックには、令和元年11月末から、14回相談に見えられ、事業計画策定、マーケティング力強化、資金調達、マッチング等の支援をさせていただきました。
 コロナの影響で、開店の時期を心配されていましたが、近隣にお住まいの方が、自宅での楽しみにしたいと次々と来られ、見込み以上の売上が上がっているそうです。

事業所名:十徳日本酒販売所
代表者:小島 拓也
場 所:吹田市千里山西4-39 千里山ロイヤルマンション二番館B1F
営業時間:18:00~21:00(月・水~土) 10:00~21:00(日・祝)
定休日:火曜日
TEL:06-6310-2211
ホームページ:https://www.juttoku-sake.com/

商品陳列
イメージ写真
店頭とロゴ(右側が小島氏)




  続きを読む


Posted by 佐藤 雅一 at 11:51支援事例