吹田のビジネスを応援する「すいた経営革新支援センター(サビック)」 › 江の木町にこの2月、新しい訪問看護ステーションが誕生します。

江の木町にこの2月、新しい訪問看護ステーションが誕生します。

2016年01月18日

 1月14日(木)の相談者は、昨年11月に合同会社彩り(いろどり)を設立され、2月から訪問看護ステーション「おえかき」を開業される星加由美子さん。

 代表社員である星加さんは、25年間、看護師として病院や訪問看護ステーションに勤めてこられました。
「地域で過ごす利用者の思いを汲み取り、その人らしい生活を送ることが出来るように看護をしたい。」という思いのスタッフが集まり、独立開業について話し合って来られました。

 事業所名の「おえかき」は、利用者がその人らしく安心して生活できるようにするために、利用者、看護師がそれぞれ主体性をもって色を重ねるように、事業の形を作っていきたいという願いが込められています。

 こんなやさしい看護師さんたちがいつも近くで見守ってくれたら、最高ですね。

 サビックでは、事業計画の作成を支援させていただきました。商工会議所が28年度から取り組んで行こうとしています“医工連携の促進”や“ヘルスケア産業への進出支援”についても、今後、情報交換させていただければと思います。

場所:吹田市江の木町12-5-101

作成された近隣MAPを広げて相談される星加代表




Posted by 佐藤 雅一 at 13:33