吹田のビジネスを応援する「すいた経営革新支援センター(サビック)」 › 毎年、世界で約1万人の子供たちが、デング熱で亡くなるということをご存知でしょうか。

毎年、世界で約1万人の子供たちが、デング熱で亡くなるということをご存知でしょうか。

2018年09月27日

 毎年、世界で約1万人の子供たちが、デング熱で亡くなるということをご存知でしょうか。東南アジアでは、風邪と症状が似ているため、数日間、放置している間に重篤化して死に至るケースが後を絶ちません。精度が高く、安価な検査方法が早急に求められています。

 遺伝子解析技術を応用して、15分以内に同ウイルスの重篤性や薬剤耐性まで、安価に把握できるという画期的な技術の研究を進めている企業が吹田にあります。今年の4月に創業された、阪大発ベンチャーの㈱ビズジーンです。2007年以来、デング熱をはじめ、インフルエンザウイルスの診断キット等の研究が、多くの研究助成を受け、また、マスコミにも何度も取り上げられています。

 「私達は、あらゆる遺伝子の情報を目的に応じて可視化し、リスクやベネフィットを知ることで、人々の生活をよりよく変えるための技術とサービスを提供する。」という理念のもとに、事業化への第1歩を踏み出されました。

 適切な事業収益が得られ、安定した事業運営が進められるまでには、数年間を要するとのことですが、吹田から、世界に大きく貢献する企業の立ち上げを是非、応援したいと思います。

 サビックには、今年の3月中旬に来られ、以後、事業計画作成、資金調達、補助金申請等の支援をさせていただきました。

事業所名:㈱ビズジーン          
代表者:開發 邦宏氏(代表取締役)
事務所所在地:茨木市美穂ケ丘8-1  
大阪大学 産業科学研究所オープンイノベーション棟
本社所在地:吹田市千里山西

経営理念
代表取締役 開發 邦宏氏





Posted by 佐藤 雅一 at 15:58